法務省主催の司法試験・予備試験
個別指導・少人数制のきめ細かな授業
TOP 司法試験 予備試験 個別指導 トピックス(更新情報) 会社概要 お問い合わせ・資料請求・DVDレンタル
ご挨拶 先生へのメール 成川合格塾 詳しいプロフィール(合格の森) 司法試験ブログ
夏に日本文を磨く、そして、来春に花を咲かす!


 法務省主催の司法試験・予備試験の合格を、決める君よ!今年、惜敗した人、少し距離がある不合格者から、「成川合格塾」や「合格マネジメント」などに、相談がある。

「来年は、どうしても受かりたいのですが・・・」

回答は、相手の状況によって少しずつ変わる。それでも大きく分けると2つになる。

(1)精神
(2)科学

この2つは、関連し合っているが、ここでは別々に述べる。

(1)精神
「強い心」をもつことは、必要だ。その人は、合格する。しかし、合格後どうなるかは不明だ。ここで「広い心」をもつことを勧めたい。相手のことを、思いやる。社会の発展のために心を配る。そんな度量の広い人は、もちろん合格する。その後の実社会での活躍が楽しみだ。結局、「広く強い心」をもつと、これからの試験・実務では、納得できる成果が出るであろう。

(2)科学
これは、知能力をアップさせること。知能が高くするには、日本文の質を上げるとよい。日本文がまともに書けると、その前後で受験科目の知識を追加すればよい。

「まともな日本文(知能力)」+「科目の知識(力)」

これで、「合格答案力」が完成する。もし、いいかげんな日本文しか書けないのに、知識量だけを増やしても、よい「合格答案力」は、養えないに違いない。この夏、じっくり「日本文」と「知識」を充実させてもらいたい。「急がば、回れ」である。そうすると、来年の合格は、固い。

わしが、提唱いている「日本文章術検定講座 エントリー・コース(3回)」で学ぶのも、1つの選択である。

いままでの受講生から、「文を学ぶと、考えに筋が入る」「論文答案を書くのが、苦にならなくなった」との声が届く。

▼法務省主催の司法試験・予備試験の合格を、決める君よ!夏の過し方いかんで、来年の合格が決まる。暑いシーズンを大切にしたい。

さあ!今日も、面白くシャープに“爆勉”しよう!行け!絶対合格!!

▼本日も、ブログ記事を読んでいただき、ありがとうございました。あなたの1クリックは、わしが記事を書く、大きな原動力となります。以下のバナーをクリックして、ランキング・アップに、ご協力ください。

にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へクリック、ありがとうございます。

また、明朝4時に、「司法試験ブログ・予備試験ブログ」でお会いしましょう!

▼本日午前4時更新の「合格ブログ(成川豊彦日記)」は、司法試験・予備試験の受験生にも参考になるので、ぜひ、ご覧ください。

【成川先生の合格語録】
「日本文を大切にしたら、合格は目前に見える!」

【司法試験・予備試験の個別指導予備校「スクール東京」のおトク情報】
 ● メールマガジン登録
 ● フェイスブック
 ● ツイッター
 ● お悩みやご質問は、お気軽に成川先生へのメール」まで。
 ● 全国どこでも、講演に駆けつけます! お気軽に成川先生・講演のご依頼」まで。


| 2017⁄06⁄26(Mon) |    
親から「受験をやめろ」と責められても、自分を信じる!


 法務省主催の司法試験・予備試験の合格を、決める君よ!今週も、また日曜日が来た。“プロフェッショナルな勉強法No.192”を、どうぞ。

▼「親から「受験をやめろ」と責められても、自分を信じる」。
 郷里の父親から、「もういい加減、受験を断念して就職しろ」。母親から「いい相手を見つけて、永久就職しては・・・」。このところ、四面楚歌が厳しく、息が詰まる。経済的援助も、ストップしそう。

  <×:スベる人>
(1)何回も滑っているので、「もう、潮時か」と家族の“やめろコール”に、負けてしまう。
(2)「バッチは欲しいが、勉強は嫌い」のツケが覆いかぶさり、周囲の言いなりになりそう。
(3)「働きながらの受験は、キツイ」と、楽な道を選ぶ。

  <〇:受かる人>
(1)自分の受験計画が甘く、周囲に迷惑をかけたことを、反省する。
(2)しかし、合格してその道のプロフェッショナルになることを決し、諦めない。
(3)「諦めるのなら、受験はしないハズ」と、自分に言い聞かせる。
(4)「本当に合格する方法は、何か」と真剣に、考える。
(5)「ジャンクな資料や講義、ピンボケの答練などは、本試験に出ない」ことに気づく。“何度も同じもの・同種のものが出る”基になる過去問中心の、本物の勉強をする。

  <合格ポイント>
(1)受験界に入る時に、「いったん、やると決めたら、途中下車しない」。
(注)①途中下車が許されるのは、「家族の重病の世話」「家業の引継ぎ」「目指す道より重要な進路」などが、できた場合である。
②①以外で、途中下車した人のその後の人生は、“パッ”としない。その道と違う道を選びたいなら、合格してからにする。
(2)どんな試験でも、受験を始めたなら「過去問中心、理解90%・暗記10%、社会通年を重視し、知能アップを心がける」。そうすると、合理的時期間に受かる。その確率は100%である。
(3)(2)からブレると、合格からドンドンそれる。逆に、周囲からのプレッシャーがますます強くなる。
(4)一生懸命、努力すれば、「合格ぐらい、何とかなる」。

  <裏技>
(1)経済的なサポートが打ち切られることを予測して、事前にバイト・貯金・借金・奨学金などのあてを、探しておく。
(2)四面または五面から楚歌が聞こえたら、相談できる実力者に、悩みを打ち明ける。日ごろから“セーフティ・ネット”の役割をしてもらう個人・組織をキープする。
(3)信頼できる“セーフティ・ネット”がない場合は、「スクール東京」の「成川合格塾」に1時間入塾する。必ず、いいヒントがもらえる。「成川合格塾」は、その役目を、実質50年間、続けている。
(4)または、筆者の「合格抄」をじっくり読み、内容をコツコツ実践する。

▼本日も、ブログ記事を読んでいただき、ありがとうございました。あなたの1クリックは、わしが記事を書く、大きな原動力となります。以下のバナーをクリックして、ランキング・アップに、ご協力ください。

にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へクリック、ありがとうございます。

また、明朝4時に、「司法試験ブログ・予備試験ブログ」でお会いしましょう!

▼本日午前4時更新の「合格ブログ(成川豊彦日記)」は、司法試験・予備試験の受験生にも参考になるので、ぜひ、ご覧ください。

【成川先生の合格語録】
「命綱の仕送り断たれても、バイトすれば問題ない!」

【司法試験・予備試験の個別指導予備校「スクール東京」のおトク情報】
 ● メールマガジン登録
 ● フェイスブック
 ● ツイッター
 ● お悩みやご質問は、お気軽に成川先生へのメール」まで。
 ● 全国どこでも、講演に駆けつけます! お気軽に成川先生・講演のご依頼」まで。


| 2017⁄06⁄25(Sun) |    
偉人の言葉!


 法務省主催の司法試験・予備試験の合格を、決める君よ!

<ゴルゴ13(さいとう・たかを)の言葉(1)>
「地球有限」


<ゴルゴ13(さいとう・たかを)の言葉(2)>
「現場の仕事を軽視する人は、大きな人物にはなれない」


<渋沢栄一の言葉(1)>
「真の富とは、道徳に基づくものでなければ、決して永くは続かない」


<渋沢栄一の言葉(2)>
「得意時代だからとて気を緩さず、失意の時だからとて落胆せず、常操をもって道理を踏み通すように心がけて出ることが肝要である」


<サムエルソンの言葉(1)>
「合成の誤謬とは、一部分について真であることが、そうであることだけのゆえに、全体についても必然的に真であるとみなされる誤謬をいう」


<サムエルソンの言葉(2)>
「この教科書(経済学)は、学者の卵になるような選り抜き学生のための特に手ごわく仕組まれた講義にも、あるいは、また学部の平均的な新入生のための講義にも、その両面に利用できるよう注意深く企画されてある」


<吉田忠雄の言葉(1)>
「『気くばり』とは、常に相手の立場に立ち、先を読んで用意しておくことです」


<吉田忠雄の言葉(2)>
「『できない』理由を考える前に、『できる』方法を工夫せよ」


<ウィルヘルム・レントゲンの言葉(1)>
「私は、考えなかった。ただ、実験をした」


<ウィルヘルム・レントゲンの言葉(2)>
「私の発明で、今後の医学発展に貢献できることは、大きな喜びである」


▼司法試験・予備試験の合格を、決める君よ!さあ、今日も“スコーン”と”爆勉”しよう!行け!絶対合格!!

▼本日も、ブログ記事を読んでいただき、ありがとうございました。あなたの1クリックは、わしが記事を書く、大きな原動力となります。以下のバナーをクリックして、ランキング・アップに、ご協力ください。

にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へクリック、ありがとうございます。

また、明朝4時に、「司法試験ブログ・予備試験ブログ」でお会いしましょう!

▼本日午前4時更新の「合格ブログ(成川豊彦日記)」は、司法試験・予備試験の受験生にも参考になるので、ぜひ、ご覧ください。

【成川先生の合格語録】
「いい言葉は、行動で立証しよう!」

【司法試験・予備試験の個別指導予備校「スクール東京」のおトク情報】
 ● メールマガジン登録
 ● フェイスブック
 ● ツイッター
 ● お悩みやご質問は、お気軽に成川先生へのメール」まで。
 ● 全国どこでも、講演に駆けつけます! お気軽に成川先生・講演のご依頼」まで。


| 2017⁄06⁄24(Sat) |    
縁起は、なるべく信じる!


 司法試験・予備試験の合格を、決める君よ!以下は、「フェイスブック」からの便りです。

57【縁起は、なるべく信じる】
例えば、「裏通りを歩くと、答練の成績がいい」「弁当を持参した日は、体調が好調だ」「太陽に感謝すると、万事うまくいく」逆に「車中で臭い人の横になると、試験の出来が良くない」「ジャンク食品を食べると、必ず下痢をする」「試験の制限時間内に、答案を提出すると、不合格になる」。縁起・ジンクスは、逆らはないようにする。経験則は、認めた方が気が楽。

58【本試験日に必要な書類・カード類は、コピーもして持参する】
受験票・各種の証明書・健康保険証等は、紛失するおそれがあるので、コピーをする。そして、本物とは別のところにおいて、持って行く。万一の場合、予備として認められる。もし、予備もないと、焦り、パニくる。試験結果に、影響大。

59【準備不足でも、今年の試験は必ず受ける】
1)受験料を払っているのに、受験しない人がいる。「受験しないのなら、なぜお金を払うの」(計画力不足・金銭感覚不足)。おかしいね。多分、ビビリ切っているのだろう(精神力不足)。
2)ダメだと、分かっていても、突入する。来年のために、市場調査をしておく。試験場の雰囲気、時間配分、事務手続などしっかり、調べ上げる。次の年の合格に大変、役立つ。
3)ビビって受験しなかった場合、来年の受験も99.9%、不合格になる。「試験をなめては、あかんぜよ!」。

60【合格者を神様みたいに、大きく見すぎると、合格への萎縮効果になる】
彼、彼女は、一般受験生より少し真面目に、勉強しただけ。君も、合理的に準備すれば、同じラインに立てる。その時、「なぁ~んだ、合格者もただの人間だ、と分かる」。あまり、合格や合格者を過大評価しすぎると、栄冠が遠くなる。今年、君は合格した時、ただの神様になりますよ。

61【定年になってポカーンと何もしないサラリーマンと、本試験直前にパニくっている受験生とは、同じ傾向がある】
「それ以前の期間が失敗だった」ことが、同じである。
1)サラリーマンになった時から後、途中退社するか、定年退職するかは本人次第。いづれにしても、その後ポカーンとしているようでは、無計画そのもの。"パッ"としない人生で終わる。
2)受験生になったなら、1年後、2年後には必ず本試験がやってくる。相当の時間があるのに、直前にパニくるのは、無計画そのもの。いつまでたっても、受からない。
3)サラリーマンも受験生も、子どもでないのだから、自分にケジメをつけたい。

62【人生とは、矛盾の海を「調整」という名の小舟に乗って、漕ぎ出すようなものである】
不安定そのものである。しかし、我慢してバランスを取りさえすれば、なんとか渡っていける。

63【やると思えば、どこまでもやる】
それが、強い男ぞ!美しい女ぞ!これから始まる司法試験と予備試験。難しい問題が出ても、諦めない。原理・原則と定義それに社会通念を、総動員すれば、なんとかなる。頑張っている君の姿を見たら、試験委員・合格の神様は、吉報を送ってくれる。このお二方は、鬼ではない。

64【本試験は力まず、ビビらず、淡々と!】
本試験が来るのは、1年前から分かっていた。この1年間、自分なりに、できるだけのことはやった。だから、別段、エスカレートする必要はない。逆に、萎縮することもない。ただ、普段通りにやればいい。いつもの通りに受験して、滑ることはない。なぜなら、他の受験生が興奮しすぎて自滅するからだ。ただ、次の方には、ご挨拶と感謝の気持ちを示したい。「太陽」「合格の神様」「お世話になった人たち」これで、合格だ。後は、心配しない。「行け!!!」「かかってこいだ!!」
(注)それでも、失敗した場合。それは、力が不足しただけ。恥ずかしいことではない。来年、再チャレンジすればよい。

▼司法試験・予備試験の合格を、決める君よ!さあ!今日も“スコーン”と“爆勉”しよう!行け!絶対合格!!

▼本日も、ブログ記事を読んでいただき、ありがとうございました。あなたの1クリックは、わしが記事を書く、大きな原動力となります。以下のバナーをクリックして、ランキング・アップに、ご協力ください。

にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へクリック、ありがとうございます。

また、明朝4時に、「司法試験ブログ・予備試験ブログ」でお会いしましょう!

▼本日午前4時更新の「合格ブログ(成川豊彦日記)」は、司法試験・予備試験の受験生にも参考になるので、ぜひ、ご覧ください。

【成川先生の合格語録】
「広い心をもつ。そうすると、合格が近づいてくる!」

【司法試験・予備試験の個別指導予備校「スクール東京」のおトク情報】
 ● メールマガジン登録
 ● フェイスブック
 ● ツイッター
 ● お悩みやご質問は、お気軽に成川先生へのメール」まで。
 ● 全国どこでも、講演に駆けつけます! お気軽に成川先生・講演のご依頼」まで。


| 2017⁄06⁄23(Fri) |    
民法No.75[事例式演習]解説編/草間彌生の言葉(2)


 法務省主催の司法試験・予備試験の合格を、決める君よ!「人は、朝に生き、夜に死す」。一日一生である。このへんのことについて、世界的な前衛芸術家、草間彌生さんは、こう述べている。

<草間彌生の言葉(2)>
「生死を超えて闘って行く。これから、私の人生が始まる。これまでは、序曲です」

▼法務省主催の司法試験・予備試験の合格を、決める君よ!勉強や仕事は、闘いである。生死以上のものである。自分なりに、納得して、一瞬一瞬、進んで行く。人間は、やれるものである。

 それでは、昨日の答えを示します。


民法No.75[事例式演習]解説編

本問では,KのYに対する貸金債権は,支払期限から10年が経過している。
この事実から,Iは,KのTに対する貸金債権が,時効により消滅している(167条1項)ことを主張するだろう。当該貸金債権は,甲不動産に設定された抵当権の被担保債権なので,当該貸金債権が時効により消滅すれば,抵当権もまた消滅し,Kが甲不動産に対して有する
第1順位の抵当権設定登記の抹消を請求することができるからである。
そこで,Iとしては,145条によりYの消滅時効の援用を主張する。
しかし,この時効援用権の主張は,否定される。後順位抵当権者は,判例に従えば,145条の「当事者」といえないからである。これは,短答式試験でも頻出の知識なので,併せて押さえておこう。
では,他にIが主張できることはないか。注目すべき事実は,「Tの無資力状態」である。
Tは,Iの債務者である。債務者が「無資力状態」であることから想起すべきは,債権者代位権の行使である(423条1項本文)。Iは,TのKに対する消滅時効の援用権の代位行使を主張することになる。
後順位抵当権者であるIと異なり,Tは物上保証人である。そのため,判例に従えば,Iと異なり145条の「当事者」にあたる。145条の「当事者」の該当性に関するIとTの違いとその理由については,これを機会に確認しておこう。これも短答式試験における頻出事項である。消滅時効の援用権の行使にあたっては,423条1項ただし書(債権の一身専属性)の検討も必要である。結論としては,消滅時効の援用権は一身専属性をもつものではないが,その理由については,判例等を通じて押さえておくべきだろう。また,典型的な一身専属性をもつ権利との比較を通じて理解することも大切だ(この論点も,短答式試験においてしばしば出題されている)。
そうすると,IによるTの消滅時効の援用権の代位行使は認められそうであるが,Kの反論も想定した上での検討が必要である。Kとしては,「Tが残りの債務も代わって弁済する旨繰り返し申し出た」ことを捉え,147条3号の「承認」による時効中断効が認められると反論するだろう。このKの反論の認否については,しっかり検討する必要がある。検討の際に意識すべきは,147条3号の「承認」により時効中断効が発生することの趣旨と,物上保証人の法的立場である(債務者との比較。具体的には,債権者に対して負うべき「責任」の内容の違いに着目して分析)。結論としては,物上保証人が,債務者の債務の存在を,消滅時効の中断効を発生させる形で「承認」することはできないと見るべきだろう。
しかし,Kは,Tによる申出を信じてYに対して上記貸金債権について特に時効中断の手続をとらないままであった。そこで,Kとしては,Tの言を信頼したことが法的保護に値するとして,信義則(1条2項)を根拠に、消滅時効の援用権行使が例外的に否定されるべき(消滅時効の援用が特段の事由により修正されるべき)と反論することが考えられる。このKの反論の認否についても,先の147条「承認」同様,しっかり検討する必要がある。その際,あくまで明文に従えば,貸金債権は消滅時効の要件を充たし,Iは,Yに帰属する時効援用権を代位行使可能である旨を確認しておくことが大切だ。また,信義則により原則論を修正する際には慎重でなければならない。信義則は,あくまで例外として持ち出すべき概念だからだ。とりわけ,時効制度は,事実状態の尊重と安定性の維持が求められる。そのため,個別的属人的要素の強い信義則により時効の援用権を修正するためには,よほどの事情が必要であろう。本問のKは,たしかにTの言を信頼したという事情があるものの,この信頼を保護してまで消滅時効の発生及び援用権を否定することまで可能だろうか。
Kとしては,たとえTの言を信頼したとしても,それにとどまらず,権利行使を確実にするために具体的な方策(147条1号「請求」)を講じるべきであったし,講ずることができないようなやむを得ない事由も存在しなかった。
こうした事情に着目すると,Kの信義則に基づく反論は認めがたいであろう。

[留意事項]
以上は,解答ではなく,本問で生じうる問題点の指摘を中心としている。各問題点の解決の方針(判例が固まっているところは判例の考え方)については,テキストで確認し,検討して頂きたい。また,本問で検討が求められている問題点の多くは,短答式試験でも繰り返し出題されている。短答式過去問の検討をしっかり行うことも重要だ。


▼法務省主催の司法試験・予備試験の合格を、決める君よ!君も、心を込めて、勉強・仕事に向かってください。その気持ちがあれば、「何でも、できる」。わしも、負けずに、やる。

さあ!今日も、楽しく、“爆勉”しよう!行け!絶対合格!!

▼本日も、ブログ記事を読んでいただき、ありがとうございました。あなたの1クリックは、わしが記事を書く、大きな原動力となります。以下のバナーをクリックして、ランキング・アップに、ご協力ください。

にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へクリック、ありがとうございます。

また、明朝4時に、「司法試験ブログ・予備試験ブログ」でお会いしましょう!

▼本日午前4時更新の「合格ブログ(成川豊彦日記)」は、司法試験・予備試験の受験生にも参考になるので、ぜひ、ご覧ください。

【成川先生の合格語録】
「明日、新しい人生。今日は、序走する!」

【司法試験・予備試験の個別指導予備校「スクール東京」のおトク情報】
 ● メールマガジン登録
 ● フェイスブック
 ● ツイッター
 ● お悩みやご質問は、お気軽に成川先生へのメール」まで。
 ● 全国どこでも、講演に駆けつけます! お気軽に成川先生・講演のご依頼」まで。


| 2017⁄06⁄22(Thu) |    
民法No.75[事例式演習]問題編/草間彌生の言葉(1)


 法務省主催の司法試験・予備試験の合格を、決める君よ!人間、どんなことでも、死にもの狂いでやれば、何とかものになる。司法試験・予備試験の合格だって、生死をかけてやれば、まもなく勝利する。仕事について、世界的な前衛芸術家、草間彌生さんは、言い放った。

<草間彌生の言葉(1)>
「死に物狂いで、闘ってきました」

▼法務省主催の司法試験・予備試験の合格を、決める君よ!わしも、よく似た言葉を作っている。「一瞬一命」。試験なんて、受験生が、心をかけてやれば、かならず突破できる。

 それでは、民法の問題を出します。


民法No.75[事例式演習]問題編

以下の事例を読み,[問]に答えなさい。

Kは,Yに800万円の金銭を貸し付け,その担保としてYの友人Tが所有する別荘である甲不動産(時価1000万円)に第1順位の抵当権の設定を受け,その旨の登記をした。Yは支払期限までにその債務を弁済せずに行方をくらませた。
そこでTは,この抵当権の実行を避けるため,Kに対して複数回に分けて合計500万円をYに代わって弁済するとともに残りの債務も代わって弁済する旨繰り返し申し出たので,Kはその言を信じてYに対して上記貸金債権について特に時効中断の手続をとらないまま,支払期限から10年が経過した。他方,その間に,Tに対してIが700万円を貸し付け,その担保として,甲不動産につきIが第2順位の抵当権の設定を受け,いずれもその旨の登記を了した。また,この間,Tは無資力になった。

[問]
Iは,Kが甲不動産に対して有する第1順位の抵当権設定登記の抹消を請求するため,いかなる主張をすることができるか。Kの反論も想定しつつ考察しなさい。

[留意事項]
旧司法試験民法論文式試験平成16年度第2問の改題である。
事例を正確に把握し,関連する条文及び文言を挙げつつ妥当な結論を導くための理論構成
を検討してみよう。



▼法務省主催の司法試験・予備試験の合格を、決める君よ!「死にもの狂い」と言ったって、本人は自分なりには、楽しんでいるものである。そう。面白く勉強すれば、君の思ったような結果が出る。

さあ!今日も、面白く、がんばろう!“スコーン”と“爆勉”しよう!行け!絶対合格!!

▼本日も、ブログ記事を読んでいただき、ありがとうございました。あなたの1クリックは、わしが記事を書く、大きな原動力となります。以下のバナーをクリックして、ランキング・アップに、ご協力ください。

にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へクリック、ありがとうございます

 また、明朝4時に、「司法試験ブログ・予備試験ブログ」でお会いしましょう!

▼本日午前4時更新の「合格ブログ(成川豊彦日記)」は、司法試験・予備試験の受験生にも参考になるので、ぜひ、ご覧ください。

【成川先生の合格語録】
「面白く、一瞬一命!」

【司法試験・予備試験の個別指導予備校「スクール東京」のおトク情報】
 ● メールマガジン登録
 ● フェイスブック
 ● ツイッター
 ● お悩みやご質問は、お気軽に成川先生へのメール」まで。
 ● 全国どこでも、講演に駆けつけます! お気軽に成川先生・講演のご依頼」まで。


| 2017⁄06⁄21(Wed) |    
論文突破にして、いい方法がある!


 法務省主催の司法試験・予備試験の合格を、決める君よ!受験界に、ところどころで落とし穴がある。例えば、司法試験・予備試験の「短答」合格者について。第1段階の「短答」がうまく行った人の中に、「論文」に合格できない場合が、大部分だ。「短答」は、なんとか通るが、「論文」が、いつまで経っても通らないケース。彼・彼女は、「自分は「短答」を通るくらいだから、実力がある」と思っているのだろうか。そのためか、どうか、不明だが、「論文」対策について、何年も何回も同じことをやって、改善しない。だから、“万年論文不合格ゾーン”に落ち込んで上がってこられない。

▼法務省主催の司法試験・予備試験の合格を、決める君よ!そんなことなら、「短答」に落ちて謙虚に学習態度を改める方が、ずっとまし。謙虚になれるから合理的勉強法を身に付けるチャンスに巡り合える。そして、次回は、すんなり、合格できることが多い。“短答毎年合格・論文毎年不合格”の受験生は、次のことに気をつけてください。

①「なぜ、論文に落ちるのか」を科学的に分析する。
②基礎力の不足、暗記型を改良する。
③理解力をつける。「試験委員コメント集」を使って、過去問の本質を学習する。
④日本文をまともに書く訓練をする。この方法は、知能力をアップするのに、役立つ。まともな日本文を書くために、次の方法がある。

日本文章術検定講座のエントリー・コース(週3回)」を受講する。

そこで、わしのコーチを受けて、“まともな日本文”が書けるようになる。そうすれば、受験科目の知識を加味すれば、すぐ「合格答案」が書ける。“論文アレルギー”を解決できる。

▼法務省主催の司法試験・予備試験の合格を、決める君よ!さあ!今日も、面白く、“爆勉”しよう!弱いところをなくそう!行け!絶対合格!!

▼本日も、ブログ記事を読んでいただき、ありがとうございました。あなたの1クリックは、わしが記事を書く、大きな原動力となります。以下のバナーをクリックして、ランキング・アップに、ご協力ください。

にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へクリック、ありがとうございます。

また、明朝4時に、「司法試験ブログ・予備試験ブログ」でお会いしましょう!

▼本日午前4時更新の「合格ブログ(成川豊彦日記)」は、司法試験・予備試験の受験生にも参考になるので、ぜひ、ご覧ください。

【成川先生の合格語録】
「最後に、笑う途を!」

【司法試験・予備試験の個別指導予備校「スクール東京」のおトク情報】
 ● メールマガジン登録
 ● フェイスブック
 ● ツイッター
 ● お悩みやご質問は、お気軽に成川先生へのメール」まで。
 ● 全国どこでも、講演に駆けつけます! お気軽に成川先生・講演のご依頼」まで。


| 2017⁄06⁄20(Tue) |    

| トップ | 次の7件へ >>

「ブログ」ランキング

クリックに、ご協力ください!
にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へ
ブログ内検索

月別アーカイブ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
72位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
塾・予備校
6位
アクセスランキングを見る>>
QRコード

QRコード
ブログ村PVアクセス順

おすすめ








Copyright © 2017 司法試験ブログ・予備試験ブログ|毎朝4時に成川先生が更新!. All Rights Reserved.