FC2ブログ
法務省主催の司法試験・予備試験
個別指導・少人数制のきめ細かな授業
TOP 司法試験 予備試験 個別指導 トピックス(更新情報) 会社概要 お問い合わせ・資料請求・DVDレンタル
ご挨拶 先生へのメール 成川合格塾 詳しいプロフィール(合格の森) 司法試験ブログ
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



| --⁄--⁄--(--) |    
2017年・司法試験予備試験の共通の問題(憲法No.270)/ジャンヌ・ダルクの言葉(2)


 法務省主催の司法試験・予備試験の合格を、決める君よ!この人生、この受験―。とにかく、行動することです。能書きや泣き言だけを言っても、何もならない。人間、生から死に向かっても、まず「思考-行動」である。ただ、行動しか、外部には見えない。15世紀に活躍したフランスの国民的英雄、ジャンヌ・ダルクは、19才で処刑されるまで、“行動の美女”であった。心に響く、セリフを残している。

<ジャンヌ・ダルクの言葉(2)>
「行動することです。そうすれば、神も行動されます」

▼法務省主催の司法試験・予備試験の合格を、決める君よ!われわれも、日々、行動しよう。君は、合格に向かって、“爆勉”というアクションを続ける。

 では、昨日の憲法の答えを示します。


【解答】憲法No.270

1.「×」
2.
(1)「農業災害補償法が一定の稲作農業者を農業共済組合に当然に加入させる仕組みを採用したこと(当然加入制)の合憲性は,当該仕組みが国民の主食である米の生産の確保(安定供給)と稲作を行う自作農の経営の保護を目的とする」。
(2)「当然加入制の採用は,公共の福祉に合致する目的のために必要かつ合理的な範囲にとどまる措置ということができ,立法府の政策的,技術的な裁量の範囲を逸脱するもので著しく不合理であることが明白であるとは認めがたい」。この目的は,重要な公共の利益に資するものである。高度な政策的判断が必要で,政治部門に広範な裁量が付与された。そのため,最高裁は立法裁量論をもちいて,明白の原則を適用して合憲とした(職業の自由・22条1項に違反しない)。
(3)厳格な審査における「必要最小限度の規制であるか否かによって判断」していない。

<条文>22条1項
<判例>最判平17.4.26[農作物共済当然加入制の合憲性]

当然加入制は、米の安定供給と米作農家の経営の保護という重要な公共の利益に資するものであって、その必要性と合理性を有していたということができる。当然加入制の採用は、公共の福祉に合致する目的のために必要かつ合理的な範囲にとどまる措置ということができ、立法府の政策的、技術的な裁量の範囲を逸脱するもので著しく不合理であることが明白であるとは認めがたい。したがって、上記の当然加入制を定める法の規定は、職業の自由を侵害するものとして憲法第22条第1項に違反するということはできない。


▼法務省主催の司法試験・予備試験の合格を、決める君よ!この人生、この受験を面白く、渡って行きたい。そうすると、効果も、面白いものになる。

さあ!今日も、“ドカーン”と“爆勉”しよう!行け!絶対合格!!

▼本日も、ブログ記事を読んでいただき、ありがとうございました。あなたの1クリックは、わしが記事を書く、大きな原動力となります。以下のバナーをクリックして、ランキング・アップに、ご協力ください。

にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へクリック、ありがとうございます。

また、明朝4時に、「司法試験ブログ・予備試験ブログ」でお会いしましょう!

▼本日午前4時更新の「合格ブログ(成川豊彦日記)」は、司法試験・予備試験の受験生にも参考になるので、ぜひ、ご覧ください。

【成川先生の合格語録】
「時には、ジャンヌ・ダルクの精神で、行け!」

【司法試験・予備試験の個別指導予備校「スクール東京」のおトク情報】
 ● メールマガジン登録
 ● フェイスブック
 ● ツイッター
 ● お悩みやご質問は、お気軽に成川先生へのメール」まで。
 ● 全国どこでも、講演に駆けつけます! お気軽に成川先生・講演のご依頼」まで。
スポンサーサイト



| 2017⁄07⁄13(Thu) |    
憲法No.270・2017年、司法試験予備試験の共通の問題/ジャンヌ・ダルクの言葉(1)


 法務省主催の司法試験・予備試験の合格を、決める君よ!この人生は、思う存分に生きる。それを、行動に移す。文章に書いて、残す。フランスの国民的女性英雄、ジャンヌ・ダルクは、19歳で処刑されるまで、生と死の毎日だった。一瞬一命の叫びを聞いてほしい。

<ジャンヌ・ダルクの言葉(1)>
「一度だけの人生、それが、私たちの持つすべてだ」

▼法務省主催の司法試験・予備試験の合格を、決める君よ!人生の評価は、その長さではない。その質の高さだ。受験生の君も、今日に命をかけ、勉強してほしい。

 では、憲法の問題を出します。


【設問】憲法No.270

下のア肢は、2017年(平成29年)短答試験・憲法の司法試験第8問と予備試験第4問である。同じ問題である。

1.憲法第22条第1項の解釈に関する次のアの記述について,最高裁判所の判例の趣旨に照らして,正しい場合には○,誤っている場合には×を付しなさい。

「ア、農業災害補償法が一定の稲作農業者を農業共済組合に当然に加入させる仕組みを採用したことの合憲性は,当該仕組みが国民の主食である米の生産の確保と稲作を行う自作農の経営の保護を目的とすることから,必要最小限度の規制であるか否かによって判断される」。

2.本問の解法を、「短答を論文的に解く」式で説明しなさい。

【注】
(1)解答においては、論理的に示すこと。
(2)単なる暗記的勉強では、いけない。



▼法務省主催の司法試験・予備試験の合格を、決める君よ!「一瞬一命」や「一日一生」と思って、問題を解くと、真剣になる。楽しくもなる。

さあ!今日も、面白く、“爆勉”しよう!行け!絶対合格!!

▼本日も、ブログ記事を読んでいただき、ありがとうございました。あなたの1クリックは、わしが記事を書く、大きな原動力となります。以下のバナーをクリックして、ランキング・アップに、ご協力ください。

にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へクリック、ありがとうございます

 また、明朝4時に、「司法試験ブログ・予備試験ブログ」でお会いしましょう!

▼本日午前4時更新の「合格ブログ(成川豊彦日記)」は、司法試験・予備試験の受験生にも参考になるので、ぜひ、ご覧ください。

【成川先生の合格語録】
「一度限りの設問だと思って、解く!」

【司法試験・予備試験の個別指導予備校「スクール東京」のおトク情報】
 ● メールマガジン登録
 ● フェイスブック
 ● ツイッター
 ● お悩みやご質問は、お気軽に成川先生へのメール」まで。
 ● 全国どこでも、講演に駆けつけます! お気軽に成川先生・講演のご依頼」まで。


| 2017⁄07⁄12(Wed) |    
憲法No.269・社会通念の重要性/嵐寛寿郎の言葉(2)


 法務省主催の司法試験・予備試験の合格を、決める君よ!人間は、仕事ばかりでは、いけない。幅の狭いことしかできなくなるから。趣味、遊びなども、勉強・作業の合い間に、採り入れよう。戦前・戦後の大スター・鞍馬天狗こと嵐寛寿郎も、趣味が多彩だった。オートバイ・自動車だけでなく小型飛行機も操縦した。英会話も興味があった。1929年、アメリカの活動俳優が来日した際、少し話をしたという。

<嵐寛寿郎の言葉(2)>
「わてが、映画俳優として、最初に英語で挨拶したんだす」

▼法務省主催の司法試験・予備試験の合格を、決める君よ!いろんなことに興味をもつと自分の仕事に幅ができることが多い。鞍馬天狗も、そうだったようだ。受験中の君も、勉強に差し障らなければ、趣味を続けてもいいのではないだろうか。

 それでは、昨日の答えを示します。


【解答】憲法No.269

(1)
2(誤っている)

(2)
(就職応募者の立場)
①違法・違憲である。
②「在学中における団体加入や学生運動参加の事実(以下、「その事実」という)の有無について」は、本人の思想・良心の問題である(憲法19条の内心の自由)。
③企業の経営管理には、関係ない。

(企業の立場)
①合法・合憲である。
②その事実は、企業の経営管理(人事政策・従業員管理など)に大いに関係する。
③そのために、就職応募者にその事実を「求める」程度では、本人に対して憲法19条の思想・良心の自由を侵害するまでには至らない。

(私見)
①違憲・違法である。
②その事実は、企業の経営管理に関係することは、社会通念からみて、もっともである。
③しかし、「求める」程度は、19条を侵害するまでに至らない、とする企業のとらえ方は、社会通念からみて認められない。すなわち、その事実をもつ就職応募者は、申告の求めを拒否すると、たちまち不採用になることは、明々白々である。
③また、「申請を求めること」は、営利企業においては、「申請を強制すること」と同じ効果をもつ。

【注】
(1)憲法の「短答」問題は、いつも原告・被告・私見の3者の立場から、検討することである。これが、わしの唱えている「短答を論文的に解く」ことになる。
(2)「(本試験の)短答を論文的に解く」と、難なく、(本試験の)「論文」も突破できる。
(3)「論文」は、「短答」の変形である。両者は、連動して勉強したい。


▼法務省主催の司法試験・予備試験の合格を、決める君よ!合格後は、遊びあり、仕事ありの人生を送ってもらいたい。あまり、ギスギスの生活をしないことが、大きなことをやれる秘けつかもしれない。

さあ!今日も、面白く“スコーン”とやろう!行け!絶対合格!!

▼本日も、ブログ記事を読んでいただき、ありがとうございました。あなたの1クリックは、わしが記事を書く、大きな原動力となります。以下のバナーをクリックして、ランキング・アップに、ご協力ください。

にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へクリック、ありがとうございます。

また、明朝4時に、「司法試験ブログ・予備試験ブログ」でお会いしましょう!

▼本日午前4時更新の「合格ブログ(成川豊彦日記)」は、司法試験・予備試験の受験生にも参考になるので、ぜひ、ご覧ください。

【成川先生の合格語録】
「趣味も仕事も自己価値を上げる点では、同じかもしれない!」

【司法試験・予備試験の個別指導予備校「スクール東京」のおトク情報】
 ● メールマガジン登録
 ● フェイスブック
 ● ツイッター
 ● お悩みやご質問は、お気軽に成川先生へのメール」まで。
 ● 全国どこでも、講演に駆けつけます! お気軽に成川先生・講演のご依頼」まで。


| 2017⁄06⁄15(Thu) |    
項目を関連させて理解・暗記/古橋廣之進の言葉(2)


 司法試験・予備試験の合格を、決める君よ!後、少しで、本試験だ。それまで、軸足を自分の頭に置いて、“面白く・コツコツ”やってください。そうすると、難問もまもなく、頭に入ってくる。“やって、やって、やりまくる。”そして少し休んで、また、“やって、やって、やりまくる”。この点に関して、戦後、日本のスーパー・スターだった、「フジヤマのトビウオ」で知られてる水泳選手だった古橋廣之進は、こう、アドバイスしている。

<古橋廣之進の言葉(2)>
「魚になるまで、泳げ」

▼司法試験・予備試験の合格を、決める君よ!できるまで、やれば、何でもできる。たびたび世界一のスイマーになった古橋廣之進の言葉は、重い。しかし、真理である。君も、「合格するまで、“六法”になるまで、学ぶ」。

 それでは、昨日の答えを示します。


【解答】憲法No.268


【注】
(1)司法試験・予備試験は、このようなマトリックスを作れば、すぐ合格する。しかし、自分で作るのは、大変だ。
(2)そこで、スクール東京では、次のマトリックス方式のストックが出版している。
「合格ノート・憲法(人権)」
「合格ノート・憲法(統治)」
「合格ノート・民法(総則・物権)」
「合格ノート・民法(債権)」
「合格ノート・民法(親族・相続)」
「合格ノート・刑法(総論)」
「合格ノート・刑法(各論)」

(3)司法試験・予備試験の件・民・刑のストックは、これだけで十分。365日参照し、加筆・修正しながら、「自分ノート」にしてください。バッチリ、合格できますから。
(4)ただし、「合格ノート」のすべてのページをやろうと思わない。重要なところをマーカーをして、そこだけを重点的に勉強する。それを、「短答」「論文」の過去問を見ながら、進める。
(5)本試験会場で、「よかった」と真に思うことになります。このマトリックス方式は、もう50年近く、わしが実施し、一般化しています。


▼司法試験・予備試験の合格を、決める君よ!ストックを作成する際も、「知能」を働かせる。君もできる。

さあ!今日も、“スコーン”と“爆勉”しよう!行け!絶対合格!!

▼本日も、ブログ記事を読んでいただき、ありがとうございました。あなたの1クリックは、わしが記事を書く、大きな原動力となります。以下のバナーをクリックして、ランキング・アップに、ご協力ください。

にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へクリック、ありがとうございます。

また、明朝4時に、「司法試験ブログ・予備試験ブログ」でお会いしましょう!

▼本日午前4時更新の「合格ブログ(成川豊彦日記)」は、司法試験・予備試験の受験生にも参考になるので、ぜひ、ご覧ください。

【成川先生の合格語録】
「君は、この領域のプロフェッショナルになる!」

【司法試験・予備試験の個別指導予備校「スクール東京」のおトク情報】
 ● メールマガジン登録
 ● フェイスブック
 ● ツイッター
 ● お悩みやご質問は、お気軽に成川先生へのメール」まで。
 ● 全国どこでも、講演に駆けつけます! お気軽に成川先生・講演のご依頼」まで。


| 2017⁄05⁄18(Thu) |    
地位・権能・条文/古橋廣之進の言葉(1)


 司法試験・予備試験の合格を、決める君よ!受験をしていることは、一見、苦しいかもしれない。しかし、目標である合格の上の目的があれば、大変だとは思われない。「フジヤマのトビウオ」で知られてる水泳選手だった古橋廣之進は、自分で、こう考えていた。

<古橋廣之進の言葉(1)>
「私の目標(目的)は世界一になることだった。だから人の何倍もの練習をくるしいとも思わなかった」

▼司法試験・予備試験の合格を、決める君よ!彼にとって目標(優勝)することは、目的(世界一)になるための手段であった。君も、司法試験・予備試験を手段とみなしもっと大きな目標をもつ。そうすると、今の受験の苦労なんかたいしたこととは、思わなくなる。

 では、憲法の問題を出します。


【設問】憲法No.268

内閣総理大臣の地位と技能について、簡潔に述べなさい(マトリックス方式でもよい)。

【注】

(1)憲法の項目は、いつもAとBとを関係つけて、考える。例えば、地位と権能について、など。Aだけとか、Bだけとかを分離して、把握しない。
(2)そうすると、単なる暗記勉強に終わらなくて済む。このように、いつも一歩先を見てコツコツやって行けば、勉強するのが面白くなる。「勉強は、楽しい」。もし、「勉強が苦しい」と思ったら、まだ、修行が足らないと思ってよい。



▼司法試験・予備試験の合格を、決める君よ!ものごとは、いつも“楽しく”“面白く”思考し、発言し、記述する。そうすれば、司法試験・予備試験は、スンナリ合格する。一度君も試してください。

さあ!今日も、“スコーン”とピントを合わせて、“爆勉”しよう!行け!絶対合格!!

▼本日も、ブログ記事を読んでいただき、ありがとうございました。あなたの1クリックは、わしが記事を書く、大きな原動力となります。以下のバナーをクリックして、ランキング・アップに、ご協力ください。

にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へクリック、ありがとうございます

 また、明朝4時に、「司法試験ブログ・予備試験ブログ」でお会いしましょう!

▼本日午前4時更新の「合格ブログ(成川豊彦日記)」は、司法試験・予備試験の受験生にも参考になるので、ぜひ、ご覧ください。

【成川先生の合格語録】
「君は、世界一になる!」

【司法試験・予備試験の個別指導予備校「スクール東京」のおトク情報】
 ● メールマガジン登録
 ● フェイスブック
 ● ツイッター
 ● お悩みやご質問は、お気軽に成川先生へのメール」まで。
 ● 全国どこでも、講演に駆けつけます! お気軽に成川先生・講演のご依頼」まで。


| 2017⁄05⁄17(Wed) |    
制度的保障/豊臣秀吉の言葉(2)


 司法試験・予備試験の合格を、決める君よ!精神を強くもってことに当らなければならない。しかし、一歩一歩、着実にものごとを進めることも心すべきである。この点について、超有名人の豊臣秀吉は、“スコーン”と述べている。

<豊臣秀吉の言葉(2)>
「一歩一歩、着実に積み重ねて行けば、予想以上の効果が得られる」

▼司法試験・予備試験の合格を、決める君よ!古今東西、大きなことをなした人は、みんな同じことを言っている。精神をしっかりもつ。科学的にコツコツやる。この2つである。

 では、昨日の答えを示します。


憲法No.267解答編

【解答】
地方行政に関する制度的保障とは、立憲民主主義の確立を保障するために、立法によっても核心部分を侵害できない地方自治の本旨を、憲法で守ることをいう。
ここに核心部分とは、①団体自治、②住民自治である。
【注】
(1)地方行政に関する制度的保障には、その目的としての人権保障が依存しない。そこで、立憲民主主義の確立を目的としてもよい。
(2)立憲民主主義の確立の実質は、地方住民のすべての人権そのものとみてもよい。


▼司法試験・予備試験の合格を、決める君よ!世の中のことも、受験のことも、その中の達成に関する要素は、シンプルである。それを見極め、押さえれば、成功、合格は、確実に達成することができる。

 さあ!シャープに生きて、面白い人生を送ろう!“スコーン”と“爆勉”しよう!行け!絶対合格!!

▼本日も、ブログ記事を読んでいただき、ありがとうございました。あなたの1クリックは、わしが記事を書く、大きな原動力となります。以下のバナーをクリックして、ランキング・アップに、ご協力ください。

にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へクリック、ありがとうございます。

また、明朝4時に、「司法試験ブログ・予備試験ブログ」でお会いしましょう!

▼本日午前4時更新の「合格ブログ(成川豊彦日記)」は、司法試験・予備試験の受験生にも参考になるので、ぜひ、ご覧ください。

【成川先生の合格語録】
「成功・合格は、シンプルそのものだ!」

【司法試験・予備試験の個別指導予備校「スクール東京」のおトク情報】
 ● メールマガジン登録
 ● フェイスブック
 ● ツイッター
 ● お悩みやご質問は、お気軽に成川先生へのメール」まで。
 ● 全国どこでも、講演に駆けつけます! お気軽に成川先生・講演のご依頼」まで。


| 2017⁄04⁄20(Thu) |    
地方行政での制度的保障/豊臣秀吉の言葉(1)


 司法試験・予備試験の合格を、決める君よ!いかなる俊才でも、精神が弱い時は、適正な判断ができないこともある。したがって、ものごとを考える時、次のようなプロセスで行わなければならない。

(1)精神を、しっかりとする。
 ↓
(2)科学的な判断をする。

この点について、天下の太閤、豊臣秀吉もズバリ述べている。

<豊臣秀吉の言葉(1)>
「負けると思えば負ける、勝つと思えば勝つ」

▼司法試験・予備試験の合格を、決める君よ!戦国時代末期だけでなく、この世は、種々戦いの現場である。やわ(弱)い心では、敗けるに決まっている。強い心をもつ。司法試験・予備試験でいえば、次の通りである。

「勝ってから、斬る」

 それでは、憲法の問題を出します。


憲法No.267問題編
【設問】
地方行政に関する制度的保障とは、何か。簡潔に述べなさい。
【注】
(1)この種の問題は、制度的保障の定義がしっかりしていればよい。制度的保障の説明文のうち、主要タームを、当該出題のものに置き換えれば、いいわけである。
(2)受験勉強においては、重要な論点や定義をしっかり押さえておけば、合格点は、簡単に取れる。細かいことを暗記する必要がない。
(3)理解中心の勉強を進めたい。決して暗記中心の勉強にならないように。もし暗記中心なら、途方もない量の項目を覚えなければならない。1科目といえども、数十年かかってしまう。



▼司法試験・予備試験の合格を、決める君よ!人間、生きる時間も限られている。受験生も勉強する時間も限られている。したがって、重点主義でポイントをしぼって学びたい。

 さあ!今日も“スコーン”とシャープに“爆勉”しよう!行け!絶対合格!!

▼本日も、ブログ記事を読んでいただき、ありがとうございました。あなたの1クリックは、わしが記事を書く、大きな原動力となります。以下のバナーをクリックして、ランキング・アップに、ご協力ください。

にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へクリック、ありがとうございます

 また、明朝4時に、「司法試験ブログ・予備試験ブログ」でお会いしましょう!

▼本日午前4時更新の「合格ブログ(成川豊彦日記)」は、司法試験・予備試験の受験生にも参考になるので、ぜひ、ご覧ください。

【成川先生の合格語録】
「“時間は限られていること”を、学ぶ!」

【司法試験・予備試験の個別指導予備校「スクール東京」のおトク情報】
 ● メールマガジン登録
 ● フェイスブック
 ● ツイッター
 ● お悩みやご質問は、お気軽に成川先生へのメール」まで。
 ● 全国どこでも、講演に駆けつけます! お気軽に成川先生・講演のご依頼」まで。


| 2017⁄04⁄19(Wed) |    

| トップ | 次の7件へ >>

「ブログ」ランキング

クリックに、ご協力ください!
にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へ
ブログ内検索

月別アーカイブ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
1249位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
塾・予備校
131位
アクセスランキングを見る>>
QRコード

QRコード
ブログ村PVアクセス順

おすすめ








Copyright © 2018 司法試験ブログ・予備試験ブログ|毎朝4時に成川先生が更新!. All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。